あしながぼうや

ジャックラッセルテリアのハロ、ララと飼い主スネ夫の日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金太郎君の誕生日

8月5日は金太郎君の誕生日だったそう・・・

皆さんご存知のように金太郎君は先月27日の夕方、天国へ旅立ちました。


フワフワの優しいお顔の金太郎君。
愛さずにはいられない・・・
金太郎さん


金太郎君なしでは発足しなかったであろうJRT倶楽部です。
素敵な仲間達と出会えたことを金太郎君に心から感謝しています。






2年前の夏だったか、雨の中でオフ会をしました。

この時うちのハロはマックスでオスで、まるで尖ったナイフ!!
まさに“さ~わる者皆 傷つけた~♪”
という感じ(;^^)

今でこそこんな風に書けますが、当時は思い出すと笑えるくらい本気で悩んでました。
実はハロのことだけじゃなく、公私に渡りわけわからんことになっていた時期でもあったんですが・・・



その日もハロはjoy君に噛み付き、JACKに襲いかかろうとし、♀にはしつこくマウンティング・・・

誰かが言ったちょっとした冗談も冗談にとれず落ち込んでましたなぁ・・・



「ちょっと散歩してきます」と言い残し、我々はランを出て駐車場へ。

わたしは泣いてタカシ君に八つ当たり!
「何で近くにおったとにすぐにハロを止めんかったと?!!」と傘を投げつけたと思う(その節はゴメンヨ)。


帰ることにした我々は、皆さんに挨拶をしにランへ向かって歩いていた。ハロは車において。


すると後から声がした。

オフ会にちょっと遅れて来られた金太郎パパさんと金太郎君だった。

「ハロ君は? ちょっと車に忘れ物したから金太郎を先に連れて行っといて。」


わたしは金太郎君に繋がるリードを握った。
そして金太郎君と目が合い、ノドのあたりを撫でた。

自然と笑顔がこぼれ、気持ちが楽になるのを感じた。


「やっぱりハロも連れて行こうか。」と後を向くと、既にタカシ君がハロを連れに車に戻っていたように思う。


わたしが金太郎君を連れて、タカシ君がハロを連れて歩いた。


その時初めて金太郎君と一緒に歩いた。
こちらの歩幅に合わせて歩いてくれた。嫌々じゃなく楽しそうに。


金太郎君は見た目人間みたいで車の運転とかしそうだけど、とっても犬の自覚がある犬らしい犬だと思った。





「金ちゃんが来ましたよ~!」
ランに戻ると一人残らず皆笑顔♪もちろんわたしも笑顔(^ー^)



それを境にわたしは冷静になり、
ハロの去勢のこと、訓練に出すことを決意した。



あの時金太郎君が来なかったら我々は帰っていたと思う。

もしかしたら次からのオフ会に行かなかったかもしれない・・・


金太郎君あの時は本当にありがとう!!!





そしてもう一つ心に残るエピソードが・・・


今年の4月に皆さんにお祝い会をしていただいた時、

会の前にハロがサクラ君に因縁をつけ、あわや大喧嘩!!

その時会場に到着したばかりの金太郎君がすごい勢いで走ってきて、二匹の間に飛び込んでくれた。
そして滅多に吠えない金太郎君が一吠えした。

「こんな日に喧嘩はやめなよ!」
金太郎君はそう言ってハロのことを叱ってくれたんだよね!!


これは今年の4月の出来事です。
もしかしたらもう本調子ではなかったのではないでしょうか・・・


金太郎君かっこよすぎるよ!
あなたは犬の中の犬だ!!



8月5日はそんな金太郎君がこの世に生まれた素敵な日♪
ありがとう!!おめでとう!!






金太郎ママさん、金ちゃんに会いたくなったら隣を見てください。
金太郎パパさん、金ちゃんい会いたくなったら鏡を見てください。

ほら、そっくり。


笑顔でお会いできる日を楽しみにしています(^0^)

スポンサーサイト

コメント

NO TITLE

また泣いちゃったじゃんよぉ

4月のエピソードは見ていて感動した出来事だったね!
金太郎凄いって興奮した( ´∀`)bグッ!

2年前の事がなかったらスネちゃん夫婦とも出会ってなかったんだ。
金ちゃんありがとうっ!

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

プロフィール

スネ夫

Author:スネ夫
ハロ♂
足の長いJRT
2005年6月14日生まれ

スネ夫
ハロの飼い主

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。